こういう時は弁護士に相談!交通事故での加害者の態度が悪い!

OZPA_appakumensetu_TP_V

加害者の態度が悪い?

交通事故被害に遭ってしまった場合、加害者からの謝罪を受けるのが一般的です。そんな時に加害者の態度が悪いと反省しているようには見えませんし、そもそも謝罪に来ないどころかこちらを加害者のように扱うなど悪質な態度や言動が見られる加害者は非常に多いと言われています。
そのような加害者相手でも当然損害賠償や慰謝料は請求できるのですが、あまりにも悪質な態度が見られていると「加害者をしっかり更生させてほしい」と思ったり「もっと反省してほしい」と思う人がいるのは当然です。もっと強い要望になると「加害者に厳罰を下してほしい」と考える人もいるのですが、このような場合には実は弁護士への相談がおすすめされているのです
そもそもこのような交通事故の加害者の態度で弁護士に相談していいのかどうかと思われるかもしれませんが、実は交通事故の被害には2つの被害があると考えられています。ひとつは怪我の治療や慰謝料、休業損害、車の修理費用などの交通事故による実質的な被害で、もうひとつは加害者の態度の悪さや不誠実さに対する精神的な被害です。
つまり交通事故での加害者の態度の悪さによって不愉快な思いをしたり、精神的に苦痛を受けた場合は弁護士に相談して慰謝料として加害者側に請求できると考えられているのです。

示談に応じないケース

さらに加害者側が示談に応じなかったり電話などの連絡を無視している場合、被害者側が家に押し掛けるなど当人同士だけでやり取りをしようとするとトラブルに発展してしまう可能性が高くなります。その結果本来ならばもらえるはずだった慰謝料や損害賠償が減額されてしまったり、トラブルが原因で相殺されてしまう恐れも出てきます。そのためこのような悪質な態度を取る加害者に対しては自分たちで対応する前に、まずは弁護士に相談してどのように対応すればいいのか相談しておけばトラブルを避けることができます。またアドバイスももらえるので適切に手続きを進められるので、自分たちに不利にならないように話を進められるところもメリットです
注意点としては弁護士にはそれぞれ得意とする分野と苦手とする分野があり、交通事故の案件に関してはあまり得意としている弁護士が少ない点が挙げられています。そのため一般的な弁護士事務所に相談すると思ったような回答が得られない場合もあるので、相談するのであれば交通事故案件を得意としている弁護士や事務所を探すのがおすすめされています。

弁護士に相談を

また多くの弁護士事務所では、相談のみまたは初回のみは無料で利用できるところがほとんどです。そのため本当に相談していいのかどうか悩んでいる人やどうすればいいのかわからないと困っている人、加害者の態度についてどのような制裁が加えられるのかと怒りを感じている人などは、まず冷静にアドバイスをもらうために相談から始めることが大切なのです。その上で自分に弁護士の助けが必要だと感じる場合は加害者への対応など、自分ではできない点を依頼するのも交通事故問題をスムーズに解決するために重要だと言われています