交通事故弁護士

あおり運転

交通事故とはいってもさまざまな形態があり、任意の自動車保険を提供しているそれぞれの損害保険会社では、これまでの示談の事例や裁判の判決などをもとにして類型化したものを、実際の保険金の金額を決める上での基準としています。

あおり運転 ...

交通事故弁護士

診察は最重要

交通事故の治療をする際に覚えておきたいことは、たとえその時に痛みや違和感を感じていなくても必ず医師に診察してもらうということです。よくありがちなのは交通事故に巻き込まれたものの大した痛みもなかったために物損事故で処理をし、 ...

交通事故弁護士

加害者の態度が悪い?

交通事故被害に遭ってしまった場合、加害者からの謝罪を受けるのが一般的です。そんな時に加害者の態度が悪いと反省しているようには見えませんし、そもそも謝罪に来ないどころかこちらを加害者のように扱うなど悪質な態度や言動が ...

交通事故弁護士

休業損害

休業損害とは、交通事故により就業が困難となることによって、本来得られるはずだった収入を保障するものです。治療費や破損した物品等の弁済費用とは別に保険会社に請求し、一般的には日額5700円が基本となり日数分が支給されますが、所得 ...

交通事故弁護士

慰謝料と示談

交通事故で被害者となる可能性は誰にでもあります。
もしもそうなってしまった場合、一般的には被害者と加害者の示談によって、損害賠償金や慰謝料の確定を行うことになります。
交通事故が発生すると、警察が呼ばれ実況 ...

交通事故弁護士

交通事故という悲劇

交通事故は、日常生活においてもっとも不幸な出来事といえます。自動車は社会に必要不可欠な移動手段であるだけに、誰もが被害者にも、加害者にもなりえるのです。そして事故の度合いが大きい場合には、心身における深刻なダメージを ...

交通事故弁護士

弁護士会の現状

弁護士の数は法科大学院の創設による司法試験改革により増加し競争が激化しています。そうした事情もあり、2000年以降には弁護士による広告業界への参入が許されることになりマーケティングを行うことも珍しくなくなってきました。弁 ...

交通事故弁護士

独立開業は有利?

司法試験に合格して弁護士事務所で働いている人の中には、独立開業を夢見ている人が沢山います。
この仕事はとても遣り甲斐があり成功すれば地位も名誉も手に入れることが出来る上に沢山お金を稼ぐことが出来るので、頑張って ...

交通事故弁護士

独立

独立を考える弁護士は多い

弁護士の中には今は法律事務所で社員として働いていても、今後独立開業をしたいと考えている人が沢山います。
法律事務所で働くことは安定した収入を得ることが出来るのでその点は魅力ではありますが、独り立ちして好 ...

交通事故弁護士

近年、司法制度改革が行われ、ロースクール制度ができ司法試験合格者が一気に増えたことから弁護士の数か増えてきました。しかし急激に資格を持つ人たちが現れたということもあり、検察官や裁判官、弁護士の仕事に就けないという人も中には出