任意保険には交通事故時の弁護士費用を補償する弁護士特約が付加できる

自動車の任意保険では、多くのプランで弁護士特約がオプションで付加できるようになっています。この弁護士特約は、交通事故の被害者になってしまった時に弁護士相談の費用を任意保険で補償するための制度です。
もしも交通事故に巻き込まれてしまうと、心身や持ち物、収入などいろいろな面において大きな損害を受けます。この損害について、被害者は加害者側に損害賠償請求することができます。賠償請求できる内容は、治療費や物損の修理代金や買い替えの費用、慰謝料、収入の減った分と多岐にわたっていて大変複雑です。
そして、実際にいくら加害者に支払ってもらうかについては、示談交渉といって交通事故の当事者どうしの話し合いで決めます。示談交渉は事故の当事者間の話し合いなのですが、加害者の方からは通常ですと契約している任意保険の会社の担当が交渉にあたります。これは、ほとんどの任意保険に交通事故に備えた示談代行サービスが付いているためです。被害者の立場の方は、自分に過失がなく相手に対する賠償責任がないと自分の保険の示談代行サービスが使えないのでひとりで保険会社と交渉しなくてはなりません。
ここで、加害者から被害者への賠償金を実際に支払うのは加害者の任意保険会社です。よって保険会社は賠償金を安く抑えて示談成立に持ち込む可能性が考えられます。例えば賠償金の中で慰謝料は計算基準がいくつかあり、安い基準で提示されたままで合意すると被害者は損をしてしまいます。しかし、被害者が十分な知識を持っていないと正当な金額で交渉するのは難しいものです。
そこで、被害者になってしまったら交通事故に強い弁護士の先生にサポートしてもらうのが得策です。弁護士の先生であれば、高い弁護士基準で計算した正当な慰謝料で被害者に有利な交渉をしてくれますし、他の賠償項目、例えば後遺障害の逸失利益などについても被害者が損をしないように後遺障害の等級認定申請から親身にサポート、尽力してもらえるはずです。
任意保険の弁護士特約は、このように事故で被害者になってしまい示談交渉で保険会社のペースに巻き込まれて損をしてしまわないように示談交渉に強い弁護士の先生に相談する費用を保険で補てんしてもらうための特約です。弁護士特約が付けられていれば、被害者になってしまった時の法律相談の費用を保険から受け取ることができますから安心して法律相談ができ、自分ひとりで加害者サイドの保険会社と交渉するよりも何倍もの賠償金を受け取れることも珍しくありません。