交通事故弁護士学会卒業生

交通事故弁護士学会卒業生が多数輩出されました。

交通事故に関して、深く洞察を繰り返し、自動車事故0を目指して活動してきました。

その中で、どうしたら交通事故を減らせるか?安全な自動車装置、交通道路の整備、交通ルールの徹底、不確定要素の排除など、多くの交通事故死亡もへってきたのは活動の成果といえるでしょう。

今後、自動車は、完全自動運転に向けて、各メーカーがしのぎを削っています。

人間は感情の生き物ですから、ロバストもあり、事故を防ぐことができません。よって、冷静に判断できる自動化は、むしろ自動車運転には最適解といえるでしょう。

多くの道路が情報化されたことで、今後一気に自動運転へとかじがきられていくことでしょう。

私たちは、自動車産業という大きな産業構造の大転換の時期に来ていると考えた方が良いでしょう。