交通事故の実験室

交通事故の実験があります。

自動車会社が良く公開していますが、有名なのが衝突実験です。ここでの確認事項は、車体の変形が、衝撃を理論通りに和らげているか?という点になります。ドライバー保護のために、フロントパネルは、衝撃を吸収しながら、変形しながらつぶれるように設計されています。

つぶれすぎるとドライバーの命が守られませんので、適度に変形しているという点です。有限要素法を活用したコンピューターシミュレーションで衝突実験のためのパラメータをいくつも変形させ最適解を得ています。その理論通り車体が変形されるのかを確認するわけです。

当然、エアバッグが誤作動がないか、人体への衝撃はどれぐらいになるのか?といった交通事故実験を繰り返すわけです。

私たちは、何気なく運転している自動車も、そういった安全実験を繰り返した検証のもとで自動車を運転しているわけです。

交通事故の実験室ともいえる検証を経ない限り、自動車会社は、お客様へ自動車へうることもできないのです。よって、ドライバーの方々も、交通ルールをよく守り、事故がおきないようにしないとなりません。

こういった自動車メーカーの努力は、「安全に自動車を運転する」というポリシーのもとできています。私たちは、その思いをくみ取り、安全に運転する必要があるのです。