交通事故でむち打ちに!慰謝料はもらえるの?慰謝料の相場は?

むち打ち

むち打ちで慰謝料はもらえるの?

まずむち打ちとは、追突事故などの衝撃で首に大きな負担がかかったときに起こる怪我の一種のことをいいます。その症状は首や腕の痛みが典型的ですが、ときにはめまいや吐き気などを引き起こすこともあります。追突などの交通事故によってむち打ちになってしまったとき、慰謝料をもらうことはできるのでしょうか?

結論からいうとむち打ちで慰謝料を含めた賠償金をもらうことができます。むち打ちの賠償金をもらうためには、交通事故に遭ったらすぐに病院に行って医師の診断を受けることが必要です。

むち打ちの症状は事故直後に現れないことも多く、事故の数日後になってようやくむち打ちだと気づくケースが珍しくありませんが、事故に遭ってすぐに診断書を作成してもいましょう。ここで作成された診断書は警察や自賠責保険に提出することができます。むち打ちを証明する資料がない場合は相手の保険会社が対応してくれない可能性があるため、自覚症状がなくても病院で適切な検査を受けることが大切です。

交通事故でむち打ちになったときに請求可能なお金

では、むち打ちになったときに請求することができるお金にはどのようなものがあるのでしょうか?まず慰謝料は一般的に、精神的苦痛に対する慰謝を金銭的に算出したもののことをいいます。

むち打ちで請求可能な慰謝料には、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料があります。入通院慰謝料は事故による怪我のために入通院しなければならかったことに対する慰謝料のことを指します。後遺障害慰謝料は事故による後遺症が認められた場合に支払われます。

そのほかに被害者が請求することができるお金には、怪我の治療費や診断書にかかった文書料、会社を休まなくてはならない場合に発生する休業損害などがあります。また後遺症が認められた場合、後遺症がなかったら得ることができたと考えられる収入が、後遺障害逸失利益として支払われることがあります。

被害者はこのようなお金を交通事故の加害者に対して請求することができるのです。この請求を相手が加入している保険会社が認めた際に、被害者の状況に応じて計算された金額が支払われることになります。

むち打ちの慰謝料は3つの基準で決まる

むち打ちに支払われる慰謝料の金額は、受けた精神的苦痛のダメージの大きさによって変動します。そのためむち打ちの慰謝料の明確な金額というのはありませんが、自賠責基準・任意保険基準・裁判所基準の3つが基準となっています。

まず1つ目の自賠責基準、これは慰謝料を含むすべての賠償金の合計が120万を超えない場合に用いられる基準です。2つ目の任意保険基準は、どの程度の期間入院・通院をしていたかというところが基準になっています。そのため被害者の状況や怪我の深刻さによって金額が変動します。そして3つ目の裁判所基準は、弁護士に依頼することを前提とした基準で、慰謝料請求の根拠の提示を求められます。

これらの慰謝料は一般的に自賠責基準、人保険基準、裁判所基準の順に金額が大きくなっていくとされています。適切な金額の慰謝料を受け取るためには、弁護士などのプロに相談して任せることが大切です。

むち打ちの慰謝料の相場は?

むち打ちの慰謝料は入通院期間ごとに大体の相場があります。まず通院・入院それぞれの場合の入通院慰謝料の相場をみていきましょう。通院した場合、通院期間が1ヶ月であれば22.4~28万円、3ヶ月で58.4~73万円、半年で92.8~116万円が大体の慰謝料相場となっています。つぎに入院した場合、入院期間が1ヶ月で42.4~53万円、3ヶ月で116~145万円、半年で195.2~244万円程度が慰謝料の相場となります。入通院慰謝料は入通院期間の長さによっても金額が変動しますし、裁判をした場合としなかった場合にも金額が変わります。

では後遺障害慰謝料の相場はどのくらいなのでしょうか?後遺症慰謝料の金額は、認定された等級によって変わります。入通院慰謝料もそうですが、特に後遺障害慰謝料の大体の相場は14級の90万円から1級の2800万円と、非常に金額の幅が広いのです。後遺障害の適切な等級を知りたい場合は弁護士に相談してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「交通事故でむち打ちに!慰謝料はもらえるの?慰謝料の相場は?」をテーマに解説いたしました。

むち打ち慰謝料は、申請方法で大幅に代わってきますので、交通事故に強い弁護士に相談して慎重に行いましょう。

知識

Posted by sigir2009