加害者請求と被害者請求について

人身事故の場合、交通事故の被害者は、加害者の自賠責保険で治療をおこないます。もし、加害者が任意保険に加入していたら、自賠責保険への請求手続きは、すべて任意保険会社がおこないます。しかし、加害者が任意保険に加入していなかった場合は、加害者か被害者が自賠責保険への請求手続きをおこないます。

被害者はけがをしていますので、一般的には加害者が自賠責保険への請求手続きをします。これが加害者請求です。しかし、加害者に賠償する気がなく、被害者と没交渉の場合は、被害者が自賠責保険への請求をおこないます。また、加害者が任意保険に加入していて、当初は任意保険会社が自賠責保険への請求手続きをおこなっていた場合でも、途中から被害者が請求手続きを自らおこなうことにする場合もあります。

例えば、任意保険会社が被害者に症状固定を迫ったり、医療機関への治療費の支払い代行を打ち切ったりした場合などは、被害者が自ら手続きをおこなうことになりがちです。治療費は自賠責保険から出ますが、自賠責保険に治療費の請求手続きをしてから支払われるまでは、ある程度期間を要します。その間、被害者が医療機関の窓口で立て替え払いをせずに済むよう、任意保険会社が一時的に立て替えます。任意保険会社は、後で自賠責保険から立て替えた分を受け取ります。ところが、自賠責保険の給付金の限度額は120万円と決まっています。

休業補償や慰謝料も入っての上限が、その額となります。それを超えると、任意保険会社がその超えた分を支払うことになるため、任意保険会社は自社負担額をゼロにするため、被害者に治療の打ち切りを促します。被害者が治療を続けるには、そうした任意保険会社とは接触せず、自賠責保険に直接請求することが得策となります。こうしたことなどからおこなわれるのが、被害者請求です。

自賠責保険への請求手続きというのは、詳しいマニュアルがありますから、なんら難しいことではありません。加害者請求も被害者請求も、誰にでもできることです。加害者が任意保険に入っていても、初めから被害者請求をしたほうがいい場合があります。後遺障害が残りそうな症状であれば、早めに弁護士に相談し、被害者自ら請求をするのが理想ではあります。しかし、交通事故の被害者はけがを負って体の自由が利かず、交通事故手続きについては右も左もわからない素人ですから、被害者請求をするというのは稀です。後遺障害認定申請の段階で、被害者請求に切り替える例が多いです。